禁煙・受動喫煙防止活動を推進する神奈川会議 神奈川会議は県内の医療・教育関係者等が中心となり、禁煙・分煙活動を指導・推進しています。

神奈川会議の紹介 活動報告 トピックス 入会のお申し込み お問い合わせ リンク集

トップページ > 第17回 日本禁煙推進医師歯科医師連盟総会・学術総会(第3報)
第17回 日本禁煙推進医師歯科医師連盟総会・学術総会(第3報)

日程 平成20年2月10日(日)〜11日(祭)
会場 横浜市開港記念館(横浜市中区本町1-6 みなとみらい線日本大通り駅)
   
http://www.city.yokohama.jp/me/naka/renraku/kaikokinen/

主催 日本禁煙推進医師歯科医師連盟
共催 禁煙・受動喫煙防止活動を推進する神奈川会議 神奈川県医師会 神奈川県歯科医師会 神奈川県薬剤師会 神奈川県看護協会 横浜市医師会 藤沢市医師会 神奈川県内科医学会 アジア対口腔がん協会 FCTC推進国民会議
協力 神奈川県予防医学協会 かながわ健康財団
後援 神奈川県 神奈川県教育委員会 横浜市健康福祉局 横浜市教育委員会
大会長 中山脩郎(禁煙・受動喫煙防止活動を推進する神奈川会議会長 神奈川県内科医学会会長)


●お知らせ●
 第1日に予定されています心理療法ワークショップ「認知行動療法の源流『論理療法』」は、予定していた菅沼憲治先生が諸般の事情により担当できなくなりそうなため、加濃正人先生(新中川病院医師/臨床心理士・日本論理療法学会認定論理療法士補)が担当する可能性があります。
 悪しからずご了承下さい。
 時間(14:00〜16:45)、定員(当日朝に整理券を配布して先着50名)は変更ありません。


印刷用(第3報 PDF版 A4×2ページ)はこちら
 
参加の方へご案内・プログラム詳細(PDF版 A4×4ページ)[NEW]
 
イブニングセミナー(第1日)の案内はこちら [NEW]
ランチョンセミナー(第2日)の案内はこちら [NEW]
市民公開シンポジウム(第2日)の案内はこちら
  
横浜ホテルリスト(会場周辺のホテル一覧)

 ○開催の趣旨
 喫煙という未曾有の疫病から国民の健康を守るため、全国の医師、歯科医師ならびに関係者が一堂に会し、禁煙支援、防煙教育、受動喫煙防止などタバコ対策推進のための研究発表と学術的討議を行う。同時に、蓄積された知見を政策決定者、マスメディアおよび地域に普及啓発し自らも実践することで、タバコの存在しない社会の実現を目指す。
 
 ○参加資格
禁煙医師連盟会員および禁煙医師連盟の活動に賛同していただけるすべての方(医師、歯科医師に限らず)
 
 ○参加費
学術総会参加費1000円、ただし抄録集2000円(予定)は別売 事前申し込み不要
 *2月11日午後の市民公開シンポジウムは参加無料 事前申し込み不要
  
 ○懇親会
第1日19:20〜 横浜市中区山下町3-1神奈川県民ホール6階「英一番館」(045-662-5446)
学術総会会場より約700m 参加費5000円(予定) 当日朝受付   
 
 ○内容(予定)

■第1日(2月10日)■

9:30 開場

10:10〜10:30(20分)【講堂】開会の辞(大会長)

10:30〜11:50(80分)【講堂】パネルディスカッション「禁煙外来で使える心理療法」
・中村晶子(日大板橋病院心療内科)「認知行動療法」
・加濃正人(新中川病院内科)「論理療法と森田療法」
・瀬在泉(筑波大学大学院)「SAT(構造化連想法)療法」
・橋本敦生(湘南内科医院院長)「NLP(神経言語プログラミング)」

12:50〜13:20(30分)【講堂】連盟会務総会

13:25〜13:55(30分)【講堂】連盟会長講演
・大島明(大阪府立成人病センターがん相談支援センター所長)「わが国のタバコ規制の現状と課題」

14:00〜14:35(35分)【講堂】特別講演1
・渡辺文学(たばこ問題情報センター)「禁煙運動30年を振り返って」

14:00〜16:45(165分)【9号室】心理療法ワークショップ(先着50名、当日朝受付)
・菅沼憲治(聖徳大学人文学部心理学科教授・日本論理療法学会会長)「認知行動療法の源流『論理療法』」
※加濃正人(新中川病院医師/臨床心理士・日本論理療法学会認定論理療法士補)が担当する可能性があります
 
14:35〜15:10(35分)【講堂】特別講演2
・片山律(たばこ病をなくす横浜裁判弁護団長)「横浜たばこ病訴訟の軌跡」

15:20〜16:35(75分)【講堂】一般口演1
 学校禁煙化、受動喫煙防止

16:55〜17:40(45分)【講堂】一般口演2
 禁煙政策・禁煙運動

16:55〜17:50(55分)【6号室】イブニングセミナー(ノバルティス社共催、軽食付)「ニコチン置換療法の活かし方」
・瀬山邦明(順天堂大学呼吸器内科学講座准教授)「ニコチン製剤の段階的減量法と禁煙維持」
・伊藤絵美(洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長)「禁煙指導に活かす認知行動療法」

17:55〜18:50(55分)【講堂】シンポジウム「禁煙保険診療の拡大 〜歯科での実施を考える〜」
・埴岡隆(福岡歯科大学口腔保健学講座教授)「歯科医院での歯科治療への喫煙の影響と禁煙の効果」
・瀬戸ユ一(鶴見大学歯学部長)「脱タバコ社会の実現に向けて −歯科医師の立場から−」

17:55〜18:50(55分)【1号室】ポスター討論1

19:20〜21:00(100分)【県民ホール6階「英一番館」】懇親会

■第2日(2月11日)■

9:10 開場

9:30〜10:55(85分)【講堂】一般口演3
 禁煙支援・禁煙治療、防煙教育

11:05〜11:55(50分)【講堂】セミナー
・青柳智和(誠潤会城北病院)「看護職のための禁煙支援基礎講座」

11:05〜12:00(55分)【1号室】ポスター討論2

12:10〜13:00(50分)【6号室、9号室(中継)】ランチョンセミナー(ファイザー社共催、昼食付)
・中村正和(大阪府立健康科学センター)「禁煙の薬物療法の進歩」
 
12:50〜15:10(140分)【講堂】市民公開シンポジウム「公共的施設禁煙条例で考える健康と喫煙」
*松沢成文(神奈川県知事)(長めの挨拶)
・中田ゆり(産業医科大学産業生態科学研究所)「日本におけるタバコ煙評価基準値の問題」
・中田有紀子((株)ハングリータイガー取締役相談役)「私たちがレストランを全面禁煙にした理由」
・牧野繁(神奈川県タクシー協会専務理事)「首都圏で初の全県での禁煙タクシー実施」
*(開始前)コーラスグループ「しゃぼん玉」によるクリーンエアーミニ合唱会

15:10〜15:30(20分)【講堂】次期開催地代表挨拶、閉会の辞


■第1日10:00〜18:50 および 第2日9:10〜13:00(一部の企業は第2日12:00まで)■

【1号室】かながわ禁煙推進展示会(各種団体・企業による展示、即売)

 

 ○演題募集要項

※演題募集は締め切りました。
 
1) 応募資格:演者は、発表時点で禁煙医師連盟会員(正会員:医師歯科医師、賛助会員:医師歯科医師以外、学生会員)であることを要件とします。連名発表者についてはこの限りではありません。入会資格(非喫煙、タバコ産業から直接的または間接的に資金提供を受けない)を満たす方は、連盟事務局(Tel:03-3541-6183 常駐:月・火・木・金)または連盟HP(http://www.nosmoke-med.org)のフォームへ申込書をご請求下さい。年会費(個人5000円、学生会員2000円)の会計年度は1〜12月です。発表までに入会手続きが完了しない場合、演題を取り消させていただく場合があります。

2) 募集内容:研究発表、活動報告などを募集します。発表はPCプレゼンテーションによる口演か、討議時間を伴うポスター発表になります。

3) 演題数の制限:ありませんが、お一人で複数の演題を応募されるときは優先順位をお付け下さい。

4) 募集期間:2007年10月1日〜2007年11月30日

5) 応募の形式:演題名、演者氏名、所属、電話番号、発表形式の希望(口演 or ポスター or どちらでも)、重複を避けたい本部企画(後述)を文例に準じて明記し、テキスト形式のE-mailにて大会事務局へ送付して下さい。メールのタイトルは「医師連総会演題」として下さい。html形式や別タイトルの場合、迷惑メールとして受信されない可能性があります。

6) 重複を避けたい本部企画:今回の学術総会では、教育プログラムなど一部の本部企画が、演題発表と同時に別室で行われます。以下の5プログラムに参加を検討される方は、優先順にお知らせ下さい。
  ・保険診療シンポ(「禁煙保険診療の拡大 〜歯科での実施を考える〜」)
  ・心理学パネル(「禁煙外来で使える心理療法」)
  ・論理療法(ワークショップ「認知行動療法の源流『論理療法』」)
  ・看護セミナー(看護職のための禁煙推進セミナー)
  ・置換療法セミナー(イブニングセミナー「ニコチン置換療法薬の活かし方」)

7) 抄録原稿:演題名、所属、氏名(演者に○)、本文を12ポイント、MS明朝体、1行35文字×27行、余白は上35mm、左右下は30mm、A4サイズ1ページに収まるようにし、ファイルは1MB以内で、必ず応募メールの添付ファイル(MS-Word形式)にて送信して下さい。添付ファイルのファイル名は「演者氏名+演題名3文字.doc」にして下さい。研究発表は【目的】【方法】【結果】【考察】の順で簡明に記載して下さい。文字化けの恐れのある外字、半角仮名の使用は避けて下さい。

8) 演題申込みから1週間以内に、事務局から受領の返信メールを差し上げます。

9) 採否や発表の方法については2007年12月中に演者に連絡を差し上げます。発表形式、重複を避けたい本部企画等については、ご希望に添うよう実行委員会で可能な限り調整いたしますが、必ずしもご希望通りにできない可能性があることをご了承下さい。また現時点で計画されている本部企画は、都合により中止または別内容になる可能性のあることもご了承下さい。

■応募メール文例
 メールタイトル:医師連総会演題
 演題名:保険禁煙治療開始に伴う病院職員の意識変化について
 演者氏名:禁煙太郎
 所属:無煙病院内科
 電話番号:01-234-5678(内0123)
 発表形式:どちらでも
 重複を避けたい本部企画:1.保険診療シンポ 2.心理学パネル

■抄録文例
 添付ファイル名:禁煙太郎保険禁.doc
 保険禁煙治療開始に伴う病院職員の意識変化について
 1)無煙病院内科、2)断煙大学呼吸器科
 ○禁煙太郎1,2)、卒煙花子1)、防煙一郎2)
 【目的】〜を明らかにするために〜を検討した。
 【方法】〜を対象に〜の調査を行った。
 【結果】〜となった。
 【考察】〜と考えられる。

 ○大会事務局

〒231-0021 横浜市中区日本大通58 神奈川県予防医学協会内
禁煙・受動喫煙防止活動を推進する神奈川会議事務局
電話045-641-8501(代表) 栗原(業務部)、星(健康創造室)

問い合わせメールアドレス:fctc@mbc.nifty.com(@を半角にして下さい)
 


〒231-0021 横浜市中区日本大通58 神奈川県予防医学協会内  TEL 045(641)8505 / FAX 045(641)6140
Copyright(C) 2006 Kanagawa kaigi All Rights Reserved.