神奈川会議のご紹介

平成11年11月5日、「禁煙・受動喫煙防止活動を推進する神奈川会議」を発足いたしました。

設立の趣旨

喫煙は、ご承知のように、肺がん、呼吸器疾患、循環器疾患などの健康障害の明白なリスクファクターとなっています。それにもかかわらず最近、若年者の喫煙増加が顕著となり、一方厚生労働省が発表した「喫煙と健康問題に関する実態調査」によると、喫煙者の7割が禁煙を希望しながら、ニコチン依存症(薬物中毒)から脱皮できず医療関係者などの助言・協力がないと挫折してしまう喫煙者が多いのが現状であります。

このような状況を少しでも変えていくために、神奈川県内の医師・医療保健従事者・教育関係者・報道機関、一般人等が構成員となり、神奈川県における禁煙活動活動を指導・推進するため、平成11年11月5日、「禁煙・受動喫煙防止活動を推進する神奈川会議」を発足いたしました。

医療現場のみならず広く地域、企業、学校等において、禁煙指導の実践・相談を中心とした普及活動を実施し、それによって健康度の向上に貢献できるものと確信をしております。

「禁煙・受動喫煙防止活動を推進する神奈川会議」会則

活動内容

  1. 禁煙教室、禁煙セミナーの企画、実施指導
    (セミナーの企画と会員の指導者が実地指導も行います)
  2. ご依頼により講師の派遣
  3. 世界禁煙デー関連事業の開催
  4. 指導者教材として、禁煙指導キット、OHP等の貸出
  5. 禁煙関係の情報の提供
  6. メーリングリスト「k-net」による会員相互間の情報交換
  7. 禁煙外来、指導を行っている医療機関リストの作成・提供
  8. 指導者講習会・研究会の開催

1年間の活動

  1. 講演会
  2. 禁煙・防煙講演会、禁煙セミナー
  3. 関連会議への協力・参加
  4. イベントへの参加
  5. 神奈川県内科医学会 冊子『禁煙医療のための基礎知識』作成への協力
  6. マス・メディアへの協力
  7. メーリングリスト(ML)の運営・管理
  8. ホームページの運営
  →詳しい活動報告

会員組織

本会は、個人会員と賛助法人会員で構成する(平成28年4月1日現在)
  1. 個人会員 187名(医師75名・歯科医師21名・薬剤師29名・看護職等17名・法曹関係2名・教育関係6名・マスコミ関係2名・事務職8名・医療関連従事者2名・地方議員18名・その他7名)
  2. 賛助法人会員 12法人

 理事名簿(PDF)

事務局

「禁煙・受動喫煙防止活動を推進する 神奈川会議」事務局

公益財団法人 神奈川県予防医学協会内
〒231-0021 横浜市中区日本大通58
TEL 045(641)8505 FAX 045(641)6140

会員の募集

本会の趣旨にご理解、ご賛同いただき、是非とも会員としてご参加していただき、本会の事業を円滑に推進していくため、ご指導・ご助言を賜りたくご案内申し上げます。

尚、入会希望の方、及び法人は事務局まで、お申し込み下さい。